頬のたるみを改善

頬のたるみを改善

頬のたるみを改善してかわいくなる

筋力の低下及びコラーゲンの減少が、頬のたるみの原因です。
無理なダイエットや社会的ストレスも、頬のたるみの原因の一つです。
もともと頬にあったひふが、ダイエットで余ってしまう事によってたるみが生じます。
さらに太っている人は、ひふや筋肉が皮下脂肪の重さに耐えられず、其れが原因で頬がたるみます。
頬のたるみに密接な関係が有る表情筋についてですが、笑ったり泣いたり怒ったりと人の顔は多くの表情を持っています。
これらの表情は顔の筋肉のはたらきによって作られ、沢山の表情をする事で使われる筋肉を表情筋と言います。
表情筋の場合年齢といっしょに低下していきます。表情筋の中で、笑顔に使われる筋肉は一番多く使われますが、老化は、あまり笑わなかったり無表情でいると、どんどん進んでしまいます。頬のたるみを予防するのには、ストレスを溜めずに笑いの絶え無い生活を送る事が必要です。
頬を上げるように、表情筋を数多く使う事を意識してしてみて下さい。頬のたるみ予防には、いっぱい笑う事がポイントです。
そして、頬のたるみ予防はもちろん表情も、日頃から意識して口角を上げるように意識する事で、美しフェイスラインを維持できます。
頬に張りができ弾力性がよみがえりますので、手のひらで頬を上方に引き上げる運動で表情筋を活発にさせ、血行を良くしましょう。
頬のたるみの対策にはこれを週感づけることが小顔でハリのあるかわいい小顔になる秘訣です。

 

頬のたるみとコラーゲン

コラーゲンは、頬のたるみととっても深い関係が有ります。ひふ組織の一つで有るコラーゲンとは、真皮内に有る弾力繊維の事を良います。繊維状になっているコラーゲンは、タンパク質の一種なのです。網の目のようにエラスチンとコラーゲンが絡み合う事で、ひふを支える役目をすしています。その間に大量にヒアルロン酸といった保水性分等を保持する事で、肌のみずみずしさや弾力を保つと言うのが主なはたらきです。肌の弾力を維持してくれるコラーゲンは、頬のたるみを予防する役目もしてくれるのです。コラーゲンを生み出すはたらきをする繊維芽細胞と呼ばれる細胞が、コラーゲンとエラスチンの間には存在しています。繊維芽細胞は、加齢と伴にはたらきが次第に鈍くなってしまうので、コラーゲンも徐々に減少してしまいます。頬のたるみに繋がるのは、コラーゲンが減少する事によります。深いシワやたるみの原因は、紫外線等外からの刺激によりコラーゲンが細くなってしまったり、コラーゲンが減少したりすると、肌のバネのような弾力が失われてしまう事なのです。コラーゲンは年齢を重ねると伴に変性して硬くなり、繊維芽細胞もはたらきが衰えてくるので、作られるコラーゲンの量も減少します。体の中のコラーゲンを効果的に増やすには、コラーゲンのもとで有るタンパク質を多く摂取すると伴に、手軽に摂取出来るサプリメントを利用する事を御勧めします。コラーゲンのサプリメントを摂取する事は、頬のたるみを予防する為には御勧めの方法です。

頬のたるみを改善して小顔でかわいくなる秘訣

頬のたるみは、年齢と一緒に徐々に症状が出てくるものです。おなじように頬のたるみの改善も、一気に出来るわけでは無いのです。徐々に顔の筋力を増加して、張りの有る頬を取り戻す為には、頬のたるみを改善する方法を日常生活に取り入れて習慣化する事が必要となってきます。顔の筋力、表情筋を増加させるために、まずは顔のストレッチを毎日実践する事がポイントだといえます。顔のストレッチの方法は、大きく口を開けて、アとウを発声します。これをお風呂上りと空いた時間にこまめに実践しましょう。頬のたるみを改善するには、まめに表情を動かす事によって、表情筋を鍛える事が重要なのです。口を大きく開けてはっきりと話すよう、日常生活でも意識するようにして下さい。肌の有効成分で有るコラーゲンの減少も頬のたるみの大きな原因となっていますので、コラーゲンやビタミン、タンパク質といったものを補給する事も必要です。たるみ専用のマスクやパック、果物やサプリメントを摂取したりするのも効果的です。肌に水分を与える事は、頬のたるみ改善には欠かせませんし、夏の紫外線対策も重要です。ファンデーションや化粧下地は、UV対応の物を利用しましょう。将来も美しい肌でいる為には、上手く頬のたるみを改善するための方法を習慣化して、アンチエイジングを心がける事が重要です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ